Arts&Science / Fondente ほぼ日手帳カバー【1年使用レビュー】

1年間たっぷり使った、2019年モデルのアーツアンドサイエンスのほぼ日手帳カバー(オリジナル)をご紹介します。

ほぼ日手帳を年間通して使うにあたって、もっとも重視しているのがカバーです。

これが自分の好みとフィットしていないと、飽き性の僕は1年間同じ手帳に書き続けることが、統計上かなりの高確率で違うものを使いはじめてしまい、手帳コロコロ入れ替えてどれがどれか分からない状態に陥ってしまいます。

2019年は、Arts&Science / Fondente ほぼ日手帳カバーのおかげで、手帳変えたい病も発病せずに、なんとか年間同じほぼ日手帳を使用できそうです。

やはり飽き性の僕に1年間使い続けさせる魅力が、このカバーにはあるのだろうと思います。

 

Arts&Science / Fondente ほぼ日手帳カバー

この手帳カバーの特徴としては、まずラウドジップタイプで、しっかりと閉じられるので結構いろんなものを無造作に放り込んでも、中のものが飛び出したりしない点があります。

歴代のArts&Science ほぼ日手帳カバーを使用してきましたが、やはりファスナータイプは使い勝手が良いですね。

 

 

レザーは、とてもキメの細かいベジタブルタンニンなめしのイタリアンレザー。

これが本当にキメ細かすぎて、手が滑るほどです。もう少ししっとり手に馴染んでグリップがある方がいいかなとは思いますが。

いずれにしても、良い革です。

 

 

パタンと180度開いてくれるので、書く時もストレスがありません。まあ、これがなければほぼ日手帳とは言えませんが。

特に左側のファスナーポケット。これがまさに財布代わりになるので、これがあると普段は小さな財布でも全然運用が楽です。

 

 

エイジング状態は、といえば1年程度ではあまり進んだとは言えませんね。まだまだひよっこクラスです。というより、浅いキズが目立つ時期で一番見苦しい状態とも言えるでしょうか。これを越せばキズなども馴染んでいい感じになっていくと思いますが、2020年は違う手帳カバーを買ってしまったので、どうなることやら。

 

 

このちっちゃな、Arts&Scienceのメインモチーフである鍵マーク。ほんとに小さい刻印ですが、とても効いていて気に入ってるポイント。

 

 

ファスナーの質感の高さ、A & Sの刻印。このへんも、らしくていいですね。

かなりの数、開閉するものなのでこういうところのこだわりは嬉しいポイントであります。

 

 

背面に大きくあるポケットが、非常に使い勝手がいいです。

ファスナーの中に入れるまでもない、すぐに取り出したい払込用紙や郵便物、名刺などここが大活躍します。

 

 

買ったときよりも、色味は深くなり艶もそこそこ増して、いい感じの雰囲気になっています。これからも大事にマイページで育てていこうと思います。

ほぼ日手帳2020の記事はこちらです。

関連記事

毎年恒例のほぼ日手帳のラインナップが発表されました。 今年もこんな季節になったんですね。過ぎる時間の早さは年齢に比例すると言いますが、この歳になると早いというより、もはや気づいたら1年終わってたくらいの感じで過ごしています。そ[…]

こんにちは。@1clickr です。 トラベラーズノートの投稿が多めな最近、ひょんなことから「ACE HOTEL」限定コラボモデルを入手したのでご紹介します。 しかしトラベラーズノート、なんでこんなに買ってしまうのか自分でも謎です。正直革の質が良いと […]

こんにちは。 @1clickr です。 来年の手帳は「ほぼ日手帳weeks MEGA」にしようと思っていまして、合わせて購入したカバーをご紹介します。 ▶ほぼ日手帳weeksの記事はこちらです。 iPhone買ったらカバー、手帳買っても […]

クラウドファンディングで話題の立てて使う、大きく開くがま口が特徴の「デイズポーチ」が届いたので、例によっていろいろ入れてみました。 これ、よくある横長ではなく、四角に近い形状なんでリュックなんかにも立てたまますっと入れることができるし、PC脇に置いて […]

デスクまわり改造計画の一貫として電卓(http://www.1clickr.com/entry/bne001bk)の次はメジャーをチェンジ。 メジャーは服のサイズを測ったり、棚の大きさを測ったりとネット通販ジャンキーとしては必須アイテムでもありまして […]

こんにちは。@1clickr です。 4月は手帳の季節です。年末にほぼ日手帳Weeks MEGAを購入したんですが、レギュラーサイズのカバー「バトラー」というのがあまりに良さそうだったので買ってみました。 ほぼ日の革カバーは今まで結構マットでおとなし […]

最新情報をチェックしよう!