ガジェット

ミニマリスト財布|DJIN [レビュー] 一ヶ月使ってみて感じた良いところ悪いところ

こんにちは。@1clickr です。

昨年Kickstarterで大いに話題をさらった、究極のミニ財布「DJIN」がついに届いたので一ヶ月使用してみました。
当初は2017年内の出荷の予定が3ヶ月で遅れての出荷で、なかなかやきもきしましたが、無事届いてホッとしています。

じっくりと使ってみて分かった、良いところと気になるところをレビューします。

DJINウォレット香港から到着

クラウドファンディングで出資したものは、結構忘れた頃に届くことが多いのですが、こいつはかなり楽しみで、来る日も来る日も首を長くして待っていたのであります。
特に、最近のマイブームがミニ財布の物色なので、その中でも最も気になる財布の到着に胸が高鳴りました。


パッケージは至ってシンプル。さすがミニマリスト財布です。

DJIN 開封



マテリアルはマイクロファイバー製とレザー製があったのですが、もちろん革を選択。なかなか質感も良いです。こうしてみると、箱から出しても箱、という感じの角張ったデザインです。財布には見えませんね。

裏面。四角いです。

コーナーは樹脂素材で耐久性良さそう


四角い箱型のため、角が摩耗しないように樹脂素材が使用されていました。なかなか手のこんだ加工です。

横から見ると斜めになってる


上蓋部分が、先端に向けて細くなっています。これは機能上での形状だと思います。

フタを開けると、金属のカードホルダー部がどーん。なかなか金属パーツがこんなに占拠している財布は見たことがありません。というよりここまで見てもまだこれが財布だとは、実感がないですね。

付属品のスキミング防止カード。これがちょうどお札を抑える一番上のカードとしても活躍します。

上蓋がコイントレーに


小銭はカードホルダー裏の空間に収納される仕組みです。
使用時には、上蓋がちょうどトレーになり、このうえなく小銭を扱いやすい作りです。

カードホルダー


カードホルダーは10枚程度は入ります。
ただし、お札もここにカードに挟む感じで入れるので、それにより収納カード枚数は減ります。

お札は一番上には置けないので、カードに挟み込む感じで収納します。
使用時はトランプのように扇状の感じでカードが見渡せるので、これが慣れるとかなり使いやすいです。

秘密の小物ポケット


カードホルダーをずらすと、SIMカードやメモリーカードなどを収納できる隠し小部屋があります。これが結構使えます。
しかし、この部分にフタを固定する結構強力な磁石が入っているんで、データとか大丈夫なのかと少し心配になりますが、今の所トラブルはありません。

DJINの良いところ悪いところ

DJINの良いところ
  • とにかくコンパクト。パンツの前ポケットにも余裕
  • 見た目も手ざわりも革の質感よし
  • 小銭もカードもアクセスしやすくストレスなし
  • 小物ポケットが便利

  • DJINの悪いところ
  • 小銭がじゃらつく音がうるさい
  • 小物ポケットの磁石干渉が心配
  • お札が扱いずらい、入らない
  • まとめ DJINに合うのはこんな人

    Kickstarterのイメージ動画で一目惚れし、首を長くして半年待ち、そして一ヶ月使用した訳ですが、良い点悪い点が分かりました。

    日頃カード派で、お札をあまり入れない人にはかなりおすすめです。

    ある程度のお札を持つ人には、メインでは使いにくいかも知れません。ただし大きくないので、サブ財布との使用ならばかなり便利だと思います。
    大きく気になる点が「小銭の音」です。箱型の形状、金属パーツ、この中で小銭が動くのでかなり大きなジャラジャラ音が発生します。これはかなり気になりました。
    いっその事、小銭は入れない方が良いのかも、と試しましたが、やはりそれではこの財布にする意味が半減するような気がします。
    このあたりが改善されたバージョン2が出るといいですね。

    かなりディスった感じになりましたが、コンセプトは素晴らしい財布です。
    現在はメーカーのKOALA GEARのサイトで購入できるようです。

    ABOUT ME
    1clickr
    アラフィフ突入の40代。Apple製品全般、ガジェット、文具にバッグにレザーが好物です。2001年からAmazon買い物マニア。とにかく新製品は試さないと気が済まない反面、使い古されエイジングされた、旧き良きものに憧れている矛盾人間。