Apple Watch

夏なのでAppleウォッチのバンドを「NATOベルト」に替えて男前にイメージチェンジ

Apple Watch 3を購入してからベルトは買った時のスポーツバンドのまま。先日のWWDC後に新バンドも発売されたので、そろそろ夏だしナイロン素材の涼し気なものにしようと思います。ところでAppleウォッチでは「バンド」という呼称ですが、私には「ベルト」がしっくりきます。みなさんはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
Apple Watch Series 3 GPS + セルラーモデル【レビュー】Series2との比較こんにちは。@1clickr です。 Apple Watchは初代から各モデルを使ってきました。しかし、iPhoneの各モデルのよ...

Apple純正のウーブンナイロンバンドも気になりますが、これだという色がなかったので昔様々な時計に使っていた万能時計ベルト「NATOベルト」タイプを探してみました。

NATOベルト(バンド・ストラップ)とは

image:watchseek

腕時計用のオーソドックスな引き通し式のナイロンストラップのことで、NATO軍で支給されることから「NATOストラップ」と呼ばれています。もともとは英国軍支給のベルト仕様なので「G10ストラップ」とも呼ばれています。

軍用のタフさ、無骨な機能美、蒸れにくい素材、ホールド性能などから、様々な時計に採用されたり007に登場したりしています。ベルト単体でも購入できるので、時計の印象をガラッと変える点でも長く愛されています。

Millennion Appleウォッチ 3連ループ交換バンド

今回購入したのはこちら。お値段 ¥2,380 です。

色はカーキにしました。その他にもおなじみのストライプやこれよりもっとミリタリーっぽいグリーンなどもあります。

もちろんこちらは「NATOベルトタイプ」であり、軍用を正規に製作しているPhoenix社製ではありません。(Phoenix製Appleウォッチバンド出たら欲しいなあ)

Apple Watch用のNATOベルトは、様々なものが発売されていますが、時計とのコネクター部が緩かったり、腕にあたる部分がチクチクしたりするものもあるようです。これは特にそういう不具合もありませんでした。

あっという間にAppleウォッチが男前仕様

取り付けは通常どおり裏ボタンを押してスライドし装着するだけ。このバンド交換機構はAppleの大発明と思います。接続部分は少し固めでしっかりと入れる必要がありました。ゆるゆるより安心感があります。

雰囲気がガラッと変わります。かっこいい。男前です。

NATOストラップの良い点としてTPOを選ばないという魅力があります。これはカーキでベージュっぽい色ですが、別色のグリーンはミリタリーすぎて多少TPO選ぶ気もしますが。

しっかり重厚感ある金属パーツ

シルバーの金具より個人的にはつや消しブラックのこちらの方がベルトの色に合っていると思います。かなりしっかりした金属製です。

この金具、使い込んで少し色剥げしたくらいがかっこよさそうです。

チクチクしない縫製部分

社外品で心配だったのが、装着した時にチクチクしたりしないかという点。これは全然問題ありませんでした。

全体的に素晴らしい品質だと思います。当たりかも。

着用感

NATOベルトの最も優秀な点は「抜群のフィット感」。私の手首はくるぶし骨が出っ張っていて、金属ベルトなどはしっかり締めてもゆるゆるで落ち着かないんですが、これは大して締め付けなくてもしっかりホールドされてずれることもありません。最高。

もう3日くらい着けています。装着感の快適さではApple純正のスポーツバンドのエラストマーが最高と思っています。しかしやはり夏場は蒸れるのでこっちが快適です。

まとめ NATOベルトは男前で装着感も最高

おそろくウーブンナイロンバンドも最高なんだと思いますが、安くて男前で蒸れない&ずれないバンドを探している人には、社外品ながらNATOベルトをおすすめします。

個人的には、ほんとに腕を上げたときにずるっと下がらないフィット感、これがかなり気に入りました。

あわせて読みたい
Apple Watch Series2 ゴールドアルミニウムと使っているバンド4本の使用感 Apple Watch、使ってますか? 僕は初代から持ってはいるのですが、何かあるときに意識的につける程度でした。 時計...

 

ABOUT ME
1clickr
アラフィフ突入の40代。Apple製品全般、ガジェット、文具にバッグにレザーが好物です。2001年からAmazon買い物マニア。とにかく新製品は試さないと気が済まない反面、使い古されエイジングされた、旧き良きものに憧れている矛盾人間。