ドローン

Telloアプリの初期設定とファームウェアアップデート

あわせて読みたい
DJIとIntelの技術を詰め込んだトイドローン「Tello」開封〜Mavic Proとの比較【レビュー】普段ドローンはDJIのMavic Proを使っています。こいつがもう最高で飛行性能、携帯性、画質、どれをとってもピカイチで、なんら不満な...

前回はTelloの開封記事を書きました。今回はTelloを飛ばすためのアプリ側の初期設定について書きます。

Telloアプリのダウンロード

まずはTELLOアプリのダウンロードをします。iOS版は検索で違うアプリ(¥120)がヒットするので注意です。

TELLO
TELLO
開発元:Shenzhen RYZE Tech Co.Ltd
無料
posted withアプリーチ

Telloの側面にある電源ボタンを押してオンにします。
スイッチがオンになるとTelloのランプがオレンジとグリーンに点滅します。

電源をオンにすると自動的にWi-Fiがオンになり、Wi-Fi設定画面に「TELLO-xxxxxx」が出現するので選択します。

選択後、Telloアプリに戻り「Telloに接続」ボタンを押します。

ファームウェアアップデート

おそらく初回のファームウェア更新があります。ファームウェアは今後も更新されるうえ、機能のバージョンアップや既知の問題の改善など効果的なものばかりなので、積極的に更新したほうがいいです。

Telloに再接続

ファームウェアのアップデートが終わったらTelloに再接続します。カメラ画面が表示されれば正常に接続されています。

設定画面

左上の歯車アイコンを押すと設定画面になります。「ビギナーガイド」は操作方法、飛ばし方などが表示されます。

写真画質は標準と高画質を選択できます。(あまり変わらない気がしますが、高画質の方が多少ダイナミックレンジ(明暗差)が広い気がします)

ローバッテリー警告はお好みで。

スティックモードは「モード1」と「モード2」を選択できます。
モードの違いは上昇下降などの操縦がそれぞれ割り当てが違います。はじめての人は「モード2」のままで良いと思います。

Bluetoothコントローラーとの接続



Telloは外部コントローラーに対応しています。トイドローンの中では圧倒的に安定しているTelloですがやはり軽くて小さいので、レバーがあるコントローラーの方が快適に操縦できます。

今回併せて購入したコントローラーはTello対応モデルの「GameSir T1 Bluetoothワイヤレス コントローラー」です。

コントローラーの接続は、コントローラー側の電源を入れ、スマホ側のBluetooth設定から接続し、アプリに戻り「Bluetoothコントローラーの設定」から接続します。
これで全ての設定が完了しました。次はいよいよTelloちゃんを飛ばしたいと思います。

1clickr
1clickr
早く飛ばしたいので予備バッテリー届いてほしいんですが、どうやら中国発送で時間かかりそうな予感。

twitterでフォロー

あわせて読みたい
DJIとIntelの技術を詰め込んだトイドローン「Tello」開封〜Mavic Proとの比較【レビュー】普段ドローンはDJIのMavic Proを使っています。こいつがもう最高で飛行性能、携帯性、画質、どれをとってもピカイチで、なんら不満な...
ABOUT ME
1clickr
アラフィフ突入の40代。Apple製品全般、ガジェット、文具にバッグにレザーが好物です。2001年からAmazon買い物マニア。とにかく新製品は試さないと気が済まない反面、使い古されエイジングされた、旧き良きものに憧れている矛盾人間。